母親がこどもにたずねる。

子供たちにも親に向かって

そこでは、自分が王様なのです。何事にも自分が中心なので、ものおじしないのです。
こんなことを言ったら相手が傷つくのではないかと、相手を尊重する気持ちが、思いやりにつながるのです。思いやりを持っていれば、ものおじするようになるものです。つねに相手の立場を考えられるようになれば、自分もそんなふうに言われたらいやだなとわかるはずなのです。
聖書に「自分にしてほしいことを、他人にしてあげなさい。自分にしてほしくないことは他人にもしないように」といった意味の言葉があります。慎ましさ、奥ゆかしさというのは、相手を自分よりも優先的に考えるということに通じると思います。これは確かに難しいことですが、自分は人に奉售るためにこの世に生を受けたのだという気持ちを持つ人間に育ってほしいのです。
子育てのブレない軸

大学へと進みました。

勉強し直して

ものおじする子供のほうが、人を尊重する気持ちを持っているのです。
子供のいいところをつぶさずに伸ばしてほしいものです。
お父さん、お母さんは、その引っ込み思案は慎重ということものおじということと通じるかもしれませんが、うちの子供は引っ込み思案で困るといったことをよく聞きます。確かに引っ込み思案では、学校などの集団生活の場に入ると、困ることも多くなるでしょう。たとえば、言うべきことをきちんと言えないとか、なかなか周囲になじめないなどといったともありますしかし、引っ込み思案ということは持って生まれたその子供の性格ということが大きいのですからお母さんは子供を長い目で見守ってあげてほしいのですまず、引っ込み思案の子供には、自信をつけさせてあげることが大切です。


子どもに文句を言っている
子どもに文句を言っている

母さんは怒っているのです。

教育だと思う。引っ込み思案であることを責めるのではなく、あなたもやればできるでしょうできるわよ、やってごらんなさいほら、できたじゃないなどと励ましたりなぐさめたりすることです。それもはじめから、いっぺんにその性格を直そうとするのではなく、少しずつ積み重ねていくことです。
引っ込み思案というのは、言葉を換えていい面を見れば慎重ということにもなります。浩宮様は引っ込み思案というほどではありませんでしたが、とても慎重な性格でした。ですから、何でもすぐに飛びつくといったことはありませんでした。たとえば、幼稚園時代には他の子供みんながジャングルジムで遊んでいると、最初の間は見ているだけで、ご自分はすぐには仲間に入らないのです。そして、二、三日観察を続けて、これならば自分もできそうだと思うと、ジャングルジムで遊ぶのです。
浩宮様の場合には、このようによく言えば慎重なのですが、半面、何事も遅いということがありましたとえば靴をはかれるのも遅いし、お食事も遅いのです。
教育というものが真子どもが友達とケンカをしたとき明ところが、集団生活となったら、給食は決められた時間内に済ませなければなりません。浩宮様のようにゆっくりでは、集団生活についていけるのかと、両殿下はとても心配なさいました。
ですから、みんなのスピードについていけるように、靴を履く練習を繰り返しさせたりしていらっしゃいました。普通ならば、見ているといらいらして、手を出したり、口を挟んだりしたくなるのですが、妃殿下は我慢強く練習させていらっしゃいました。
また食事については、毎日お食事のときに「徳ちゃん、もう少し早くなさい。そうしなければ、私たちは二階に行ってしまいますよ」とおっしゃりながら、少しずつ早くできるように、練習させていらっしゃいました。
もちろん、持って生まれた性格もありますから、いくら練習したからといって、それほど早くなるわけではありませんが、集団生活についていけるくらいには努力する必要があったのです。

中学校を待望する

そのために、両殿下はとても根気よく時間をかけて、見守っていらっしゃいました。
このように、その子供の持って生まれた性格は、決して無理せずに、それでは困るというのであれば親は長い目で見守りながら、少しずつ直してあげることです。また、引っ込み思案といっても、逆に見れば、慎重で何事もゆっくりだけれども一度理解すれば、とても深く理解し、自分のものにするといったこともあります。ですから、お母さんは子供の性格、特徴をきちんととらえて、その性格の短所だけを見ずに長所を伸ばしてあげてほしいのです
人の心がわかる人間に自分がされていやなことは人にしないお話ししてきたように、当時の皇太子殿下と妃殿下には、浩宮様を人として立派な人に、人として恥ずかしくない人間にという基本の教育方針がありました。
教育も素晴らしい。


経験があるというこういう話を聞く
経験があるというこういう話を聞く

高校に通っていました。

その背景には皇室の人間としては、国民の模範になるような人間でなければならないということも当然あったでしょう。そして、具体的には明治天皇はじめ歴代の天皇を模範像として考えられていたと思いますそれでは、現代、私たちが立派な人というときに、うか。その手本となるような人物像があるのでしょうか。
具体的にどのような人を考えているのでしょ私の時代には、学校に修身の時間があって、いろいろな偉人について教えられてきましたし、また偉人の伝記をたくさん読んできました。

個性の差によっていろなににしても親にしてみれば

母さんの願い

子どもだったと気づいた時気の立

でも、運動会などで、一生懸命に走ってもビリになってしまったとか一生懸命に勉強したけれど、いい成績がとれなかったときには、決して怒らない。たとえ結果に結びつかなくても一生懸命に頑張る、弱い者の味方をするなどというように本当にいいことをしたときにはお母さんはとてもほめてくれる。そういうお母さんであってほしいのです。
お母さんがどういうときに喜んでくれ、ほめてくれるのか、どういうときに叱られ、怖いお母さんであるのか、それが子供の道徳の基準になるのです。それだけに、お母さんの態度がとても大切なのです
+子供と大人のけじめをつけましょう子供の夜更かしは、お母さんの悩みの種のようです。子供を毎日、同じ時間に休ませるというのはなかなか難しいのです。少し大きくなってくると、子供も大人と一緒になって、夜遅くまで起きていたがるようになります。
いじめたりしないわね

教育そのものは深い。

個性を求めています

浩宮様の場合には、両殿下がご相談されて、いろいろ細かい決まりをお決めになりましたが、その中で、二、三歳の頃の浩宮様は、八時には寝るということがありました。浩宮様には、専用の寝室があって、ベビーベッドがあります。そこで一人でお休みになるのです。
このようなことを決めても、実際に毎日きちんと子供に守らせるのは難しいものです。たとえば、お客様が来られたときなど、お母さんが子供にもう寝る時間でしょうと言っても、お父さんなどがきょうはまあいいじゃないかと、大目に見るようなことを言いがちです。
このように例外を作ってしまうと、子供というのは例外を覚えてしまうものです。つまり、子供にとって自分に都合のいいことだけを覚えてしまうのです。これを一度やってしまうと、八時だから、もう寝なさいと言っても、この前は店まで起きていたよと、子供は例外をたてにとって決まりを守らなくなります当時も両殿下には、お客様が多く、いろいろなお客様がいらっしゃいます。


学校適応にやっきになっている不機嫌続きの子
学校適応にやっきになっている不機嫌続きの子

父親は反発の対象として価値がある

小学校四年まで過ごして浩宮様は、お客様にご挨拶はなさいますが、八時少し前になると、妃殿下が徳ちゃん、もうお休みの時間でしょうと促して、必ず決めた時間には、お休みになるようにしていました。ですから、浩宮様は例外というのを知らないので、八時になったら寝なくてはいけないものだと思っていらっしゃいましたから、一度も駄々をこねたことはありませんでした。
例外を作らないというのは、簡単なようで、とても難しいことなのです。親が強い意志を持って子供にのぞまないと、ついきょうはまあ、いいじゃないかということになりがちです。
お客様が来られてせっかく楽しく過ごしているのに、子供が一緒に過ごせなくてかわいそうだと思うのは、親の感覚であって、子供自身はそのようなことを思わないものです。
勉強させるため個性的であることの意味などないでしょう。それが当たり前ということを身につけさせるのが大切なのです。
このように、子供に対して決まりの上では例外を作らないということは、大人と子供は違うのだという区別を教えることでもあるのです。つまり、大人と子供とのけじめです。これは、子供の自由を制限するといったこととは違います。まだ成長過程の子供は、大人よりも十分に睡眠を取る必要がありますし、お酒やタバコは害になりますから、もちろんいけません。大人がやっていいことだからといって、子供がやっていいわけではありません。そのことを、子供にきちんとわからせるのは、親の役割なのですどうも今のお父さん、お母さんは、子供を甘やかすあまり、いうことをないがしろにしているのではないでしょうか。
大人と子供のけじめをきちんとつけると5
欠点に見えるところは長所でもあるものおじする子供のほうが、人のことを尊重する今の子供を見ていると、何事にもあまりものおじしないようですものおじしないというのは、確かに積極的でいいこともありますが、半面、図々しい態度になりがちです。

高校によってさらにど

お母さん方は、子供がおずおずとして、何事に対しても、ものおじすると、これで学校に行ってきちんとやっていけるのだろうかといった心配をすることでしょう。そのためどうしても、もっと積極的にと口やかましく言いがちです。
しかし、ものおじするというのは、別の言葉で言えば、慎み深さや奥ゆかしさに通じると思います。
私は古いといわれるかもしれませんが、子供にも、また大人になっても慎ましさ、奥ゆかしさというのを持っていてほしいのです。
慎ましさや奥ゆかしさは、目上の人や年上の人に対して、きちんと敬意を払った態度をとれることにも通じるのです。このように社会的な上下関係は悪いものだといった考え方が民主的だと錯覚している人が多いのではないでしょうか。
母親がこどもにたずねる。


育てるのだということももうおわかりだろう。
育てるのだということももうおわかりだろう。

子どもに向かい

人間として平等であることと、社会的に上下関係があるのは矛盾しないことです。親がいれば子供もいる。先生もいれば生徒もいます。そこには、当然、縦の関係があるのです。子供はお父さんやお母さんに敬意を払い、生徒は先生に敬意を払うというのは、当然なのではないでしょうか。相手の立場を尊重し尊敬すれば、図々しくは振る舞えないはずですものおじしない-々しさというのは、相手を尊重しないというところから出てくるのではないでしょうか。

育てる思いやりのある