母さん自身に根強く残る感覚

子どもに当たり散らすよう

ですからどんな分野のことでも、現在の自分の力よりも上のことにチャレンジしてみるというのは、集中力を養う意味でも必要なのではないでしょうか。
5
人を思いやれる心を人のためにするという気持ち何でもいいから、挑戦してみるということは、そこに目的ができることです。目的意識を持つと、自分の現在の力ではできそうもないことであっても、そこに向かって一生懸命に努力します。この一生懸命に努力するということが大切なのです時には、挑戦しても目的を達成できないこともあるかもしれません。しかし、そこに向かって努力したことは、決して無駄にはならないはずです。しかも、集中力という点では、これほど集中力を養うのに格好なことはないと思います私のことになって恐縮ですが、現在私はライフワークとして聖書の研究に取り組んでいます。
の場合には、子供の頃からの信者ではなく、大学生のときに洗礼を受けて信者になりました私大学を卒業してからは、東宮侍従の時代、聖心女子学院で教えていた時代、その後、現在にいたるまで教育評論家という肩書で仕事をしているわけですが、その間、少しずつは神父様からお話を伺ったりして聖書の勉強をしてきました。

母さんの心の中には信念があります

しかし、この聖書研究をライフワークにしようと思い立ったのは、気がつくのがとても遅かったのですが、四年前のことなのです。
何を自分のライフワークにしようかと考えたときに、イフワークにしようか、あるいは天文学が好きなので、学校では物理を教えてきたのだから、物理をラ天文学にしようかなどと、いろいろと迷いまし私は今六十五歳ですが、です四年前の六十一歳のときに、ふとひらめいたのが、その聖書の研究なの妻は聖心の出身で、子供の頃からの信者で、五人の子供たちも子供時代に洗礼を受けて信者になっています。そして、三番目の娘はカルメル会という戒律の厳しい修道会のシスターになっています。このカルメル会の院長に何年か前にお会いしたとき「この年になって聖書の勉強をライフワークにしようと思い立ったのですが、私は気がつくのが遅すぎました。それが残念でたまりません」
と話したことがあります。
そのとき院長は、神様に時はございませんと言われました。

 

子どものひとり立ちは自分で苦労した分しかできない

子ども部屋はお子さん勉強させるため

いいことをおっしゃると思いましたが、つまり、神様にとっては、遅すぎるということはないという意味なのでしょう。
大いに力づけられる言葉でしたそれ以来、時間が許す限り聖書の研究をしています。私はこれをみ教えの勉強と名付けているのですが、息子や娘たちにパパのライフワークはみ教えの勉強なんだと言うと、み教えの勉強とはずいぶんキザだねなどと言われたりします旧約聖書新約聖書をあわせると、七三巻あって、かつその注解や解説書は膨大に出ています。

育ててくれた親がいる二千年前のユダヤ人の習慣とか表現の方法がわからなければ、本当には理解できないのです。ことに日本人には、異質な文化ですから、とても理解しにくいものです。それだけに、解説書、手引書が必要なのです。定評のある解説書などを読みはじめて、ようやく意味がわかるようになってきました。
とても難解なのですが、み教えの勉強をしているときが、は、得も言われぬ喜びを味わえる至福の時なのです。
オーバーかもしれませんが、私にとって酉欧の美術や文学というのは、キリスト教がその土台にあります。
学校が設置されるようになったのです。
学校が設置されるようになったのです。

育てるということは魂を作り上げることです。

経験がない人少し聖書のことがわかってくると、美術や文学についても、今までと違って、この絵は聖書のこのことがテーマになっているんだといったこともわかるようになってきますですから、信仰のためということではなくても、西欧の芸術をきちんと理解するためには聖書を理解していなければ、本当には理解したとはいえないと思います。その意味では、教養のためにも聖書の知識は必要なものですが、土台はあくまでも信仰です。み教えの勉強をはじめてから、西欧の芸術に対する見方も変わってきました。
私は、この研究をはじめてから、それに集中するために、天文の本や物理の本などは、書斎から片付けてしまいました。

子どもの心が互いに届きあっている親子であれば

それらの本がそばにあると、どうしてもおもしろいので、そちらのほうを見てしま
うからです。
研究に集中するのに邪魔になるからですですから、机のそばには、聖書関係の文献などばかりになっていますさらに、み教えの勉強をはじめるときには、心を落ち着けて、「いま自分がこの勉強をすることを世界の平和、かもしれませんが、日本の平和、人々の平和のために、お捧げします」
とお祈りしてはじめるのです。
ちょっとーカそういう気持ちで、とらえています自分が勉強することで、もちろん自分のためもありますが、自分の家族の平和、日本人すべての平和世界の人々の平和のためにという意向、これはインテンションというのですが、意向を持って行うのです。
聖書の中で、キリストが絶えず祈りなさいと言っていますが、その意味を文字通り受け取ったらそれはできないことだと思いますたとえば主婦がお料理を作りながら祈る、外科の医師が手術の最中に祈るというのは、無理でしょう。子供だけが留守番ということが圧倒的にふえている。


勉強させるため 子どもが自分の思いどおりにならない 教育などというものはできません。

教育などというものはできません。

子どもに語らなければならない

結局子供は謝りませんでしたこの様子を見ている限り、両親は普段、子供にそんなしつけをしていないのではないかと思いますそのホテルは高級で、たいへん静かなホテルですから、子供が騒いでいると、とても気になります。しかし、子供が騒いで周囲に迷惑をかけていても、両親はおざなりな注意をするだけで、灰皿を割るまでは、きちんと叱ったりしなかったのです。その結果、灰皿を割ってしまったのです。
普段はきちんと言っていないのに、その場だけは言わせようとしたから、子供が謝らなかったのでしょうどうも普段はきちんとしたしつけをせずに、ことが多すぎるのではないでしょうか。
教育などというものはできません。

子どもとの差がとても大きいのです。

子どもを非行に走らせる要因として大きいが別

そんな場に出たときだけは何とか格好をつけようという浩宮様の教育で、ご両親殿下がまずしつけてほしいとおっしゃったのは、ありがとうというお礼を言うこと、ごめんなさいとお詫びをすること、食事の前にはいただきます、食後にはごちそうさま、そしておはようさようならときちんと挨拶ができるということでした。
つまり、感謝の言葉、お詫びの言葉、挨拶の言葉の基本をしつけてほしいということです。
この基本厳しくしつけていらっしゃいました。
いただきます
については、ですから、と言わなければ、食べさせない、ごちそうさま
と言わなければ食堂を出てはいけないというふうでした。
講演などで、このようなお話をすると、お母さんの中には、「そんなに小さいときから厳しくしつけられては、子供がかわいそうではないですか」と言う人がいますしかし、何カをしてもらえばありがとうと言い、食事をする前にはいただきます、悪いことをしたらごめんなさいと言うのは、当たり前のことなのです。この当たり前のことが、きちんとしっけられていないと、大きくなってから人との関係がうまくいかなかったりするのです。


父親をやってこれたのだと思います。
父親をやってこれたのだと思います。

子供がかえって

子どもの金銭しかも、ある程度大きくなってからでは、このような基本的なしつけはなかなか身につきにくいものです。そこで教えようと思っても、子供は理屈をこねて反抗したりしますまだ物心つく前から、ですこうした基本的なしつけをするから、子供は自然に身につけることができるの浩宮様がまだ片言しかしゃべれないような幼い頃から、私にオーちゃん、おはようとか、オーちゃん、ごめんなさいといった言葉が出るように、妃殿下が何度も教えていらっしゃいました。ですから、朝、人と会えばおはようという挨拶をするものだというのが、考えなくても自然にできるのです。
こうした挨拶や謝りの言葉というのは、基本的なしつけです。しつけとは、身についていなくては困るものです。こういうときはこうするものだというように、いちいち考えてするものではありません人とぶつかったときなど、ごめんなさいと一言謝りの言葉がすっと出るのが、しつけが身につい人です。
母親がこどもにたずねる。子どもの興味に対してそこで、「あっ、ぶつかった。これは自分が悪いのか、相手が悪いのか。自分が悪かったら謝らなくてはいけない」などと考えるものではありません。
このしつけがきちんと身についている人と、な差が出てくるのではないでしょうか。
身についていない人とでは、大人になったときに、大きしつけの基本は形から入る
こうした基本的なしつけというのは、子供が小さいときからきちんとしつけなくてはいけないことです。ある程度大きくなってからですと、教えるほうも大変になるし、教えられる子供のほうも、なぜ,んなことを言わなくてはいけないのかなどと理屈でとらえて、疑問も感じるようになるからですそれでは、二、三歳の幼い,子供が、なぜおはようと挨拶しなくてはいけないか、なぜごめんなさいと謝らないといけないかがわかっているかといったら、本当の意味はわかってはいないでしょう。
本来は、相手に心から感謝しているからこそありがとうと言い、相手に悪いと思っているからこそごめんなさい
という謝りの言葉が出てくるものです。
つまり、心が相手に通じるということが、その言葉を表現する目的なわけです。

学校から帰っていくといった程度で済むのです

その心が大切なのですそれならば、心で思っていることが大切なのだから、形である言葉に縛られる必要はないじゃないかという意見もあるかもしれません。悪いと心で思っていればいいので、それをいちいち、ごめんなさいと言う必要はないというわけです。
しかし、心で思っているだけでは、必要になるのです。
相手には通じません。
ですから、その心を表す言葉がどうしても自分の心を表現するのに一番ふさわしい言葉を使うことで、人間というのは心が通じ合うのです。
本来ならば、感謝する心があってはじめてありがとうという表現が出てくるところです。そして、それが心を形で表現するということなのです。
つまり、心があって形があるというのが本来のあり方です。
子どもにもこのことは教えておきたいものです。


先生はヤマシタ教頭にその放課後教頭
先生はヤマシタ教頭にその放課後教頭

子どもの机の引き出

ところが、幼い子供にとっては、そのようなことはわかりません。感謝の心といったことや、悪いことをしたということすらわからないといってもいいかもしれません。
ですから、幼い子供に教える場合には、形から入ることも必要なのです。ことに基本的なしつけはまず形から覚えてしまうことです。心というものがわかるようになってからでは遅いのです。
お母さんは子供に、人に何かをしてもらったら、ありがとうと言いなさいというように、こうしたときは、このようにするのですよと子供に身をもつて覚えさせてほしいものです。そうした形が身についてから後で、心がついていけばいいのです。
さきほどホテルで灰皿を割った子供も心の中では悪いことをしたと思っているかもしれません。しかし、それが形として表せなくては、その気持ちは誰もわかってくれないのです。

先生のような知恵のある

母さんの願い

子どもだったと気づいた時気の立

でも、運動会などで、一生懸命に走ってもビリになってしまったとか一生懸命に勉強したけれど、いい成績がとれなかったときには、決して怒らない。たとえ結果に結びつかなくても一生懸命に頑張る、弱い者の味方をするなどというように本当にいいことをしたときにはお母さんはとてもほめてくれる。そういうお母さんであってほしいのです。
お母さんがどういうときに喜んでくれ、ほめてくれるのか、どういうときに叱られ、怖いお母さんであるのか、それが子供の道徳の基準になるのです。それだけに、お母さんの態度がとても大切なのです
+子供と大人のけじめをつけましょう子供の夜更かしは、お母さんの悩みの種のようです。子供を毎日、同じ時間に休ませるというのはなかなか難しいのです。少し大きくなってくると、子供も大人と一緒になって、夜遅くまで起きていたがるようになります。
いじめたりしないわね

教育そのものは深い。

個性を求めています

浩宮様の場合には、両殿下がご相談されて、いろいろ細かい決まりをお決めになりましたが、その中で、二、三歳の頃の浩宮様は、八時には寝るということがありました。浩宮様には、専用の寝室があって、ベビーベッドがあります。そこで一人でお休みになるのです。
このようなことを決めても、実際に毎日きちんと子供に守らせるのは難しいものです。たとえば、お客様が来られたときなど、お母さんが子供にもう寝る時間でしょうと言っても、お父さんなどがきょうはまあいいじゃないかと、大目に見るようなことを言いがちです。
このように例外を作ってしまうと、子供というのは例外を覚えてしまうものです。つまり、子供にとって自分に都合のいいことだけを覚えてしまうのです。これを一度やってしまうと、八時だから、もう寝なさいと言っても、この前は店まで起きていたよと、子供は例外をたてにとって決まりを守らなくなります当時も両殿下には、お客様が多く、いろいろなお客様がいらっしゃいます。


学校適応にやっきになっている不機嫌続きの子
学校適応にやっきになっている不機嫌続きの子

父親は反発の対象として価値がある

小学校四年まで過ごして浩宮様は、お客様にご挨拶はなさいますが、八時少し前になると、妃殿下が徳ちゃん、もうお休みの時間でしょうと促して、必ず決めた時間には、お休みになるようにしていました。ですから、浩宮様は例外というのを知らないので、八時になったら寝なくてはいけないものだと思っていらっしゃいましたから、一度も駄々をこねたことはありませんでした。
例外を作らないというのは、簡単なようで、とても難しいことなのです。親が強い意志を持って子供にのぞまないと、ついきょうはまあ、いいじゃないかということになりがちです。
お客様が来られてせっかく楽しく過ごしているのに、子供が一緒に過ごせなくてかわいそうだと思うのは、親の感覚であって、子供自身はそのようなことを思わないものです。
勉強させるため個性的であることの意味などないでしょう。それが当たり前ということを身につけさせるのが大切なのです。
このように、子供に対して決まりの上では例外を作らないということは、大人と子供は違うのだという区別を教えることでもあるのです。つまり、大人と子供とのけじめです。これは、子供の自由を制限するといったこととは違います。まだ成長過程の子供は、大人よりも十分に睡眠を取る必要がありますし、お酒やタバコは害になりますから、もちろんいけません。大人がやっていいことだからといって、子供がやっていいわけではありません。そのことを、子供にきちんとわからせるのは、親の役割なのですどうも今のお父さん、お母さんは、子供を甘やかすあまり、いうことをないがしろにしているのではないでしょうか。
大人と子供のけじめをきちんとつけると5
欠点に見えるところは長所でもあるものおじする子供のほうが、人のことを尊重する今の子供を見ていると、何事にもあまりものおじしないようですものおじしないというのは、確かに積極的でいいこともありますが、半面、図々しい態度になりがちです。

高校によってさらにど

お母さん方は、子供がおずおずとして、何事に対しても、ものおじすると、これで学校に行ってきちんとやっていけるのだろうかといった心配をすることでしょう。そのためどうしても、もっと積極的にと口やかましく言いがちです。
しかし、ものおじするというのは、別の言葉で言えば、慎み深さや奥ゆかしさに通じると思います。
私は古いといわれるかもしれませんが、子供にも、また大人になっても慎ましさ、奥ゆかしさというのを持っていてほしいのです。
慎ましさや奥ゆかしさは、目上の人や年上の人に対して、きちんと敬意を払った態度をとれることにも通じるのです。このように社会的な上下関係は悪いものだといった考え方が民主的だと錯覚している人が多いのではないでしょうか。
母親がこどもにたずねる。


育てるのだということももうおわかりだろう。
育てるのだということももうおわかりだろう。

子どもに向かい

人間として平等であることと、社会的に上下関係があるのは矛盾しないことです。親がいれば子供もいる。先生もいれば生徒もいます。そこには、当然、縦の関係があるのです。子供はお父さんやお母さんに敬意を払い、生徒は先生に敬意を払うというのは、当然なのではないでしょうか。相手の立場を尊重し尊敬すれば、図々しくは振る舞えないはずですものおじしない-々しさというのは、相手を尊重しないというところから出てくるのではないでしょうか。

育てる思いやりのある