母親がこどもにたずねる。

子供たちにも親に向かって

そこでは、自分が王様なのです。何事にも自分が中心なので、ものおじしないのです。
こんなことを言ったら相手が傷つくのではないかと、相手を尊重する気持ちが、思いやりにつながるのです。思いやりを持っていれば、ものおじするようになるものです。つねに相手の立場を考えられるようになれば、自分もそんなふうに言われたらいやだなとわかるはずなのです。
聖書に「自分にしてほしいことを、他人にしてあげなさい。自分にしてほしくないことは他人にもしないように」といった意味の言葉があります。慎ましさ、奥ゆかしさというのは、相手を自分よりも優先的に考えるということに通じると思います。これは確かに難しいことですが、自分は人に奉售るためにこの世に生を受けたのだという気持ちを持つ人間に育ってほしいのです。
子育てのブレない軸

大学へと進みました。

勉強し直して

ものおじする子供のほうが、人を尊重する気持ちを持っているのです。
子供のいいところをつぶさずに伸ばしてほしいものです。
お父さん、お母さんは、その引っ込み思案は慎重ということものおじということと通じるかもしれませんが、うちの子供は引っ込み思案で困るといったことをよく聞きます。確かに引っ込み思案では、学校などの集団生活の場に入ると、困ることも多くなるでしょう。たとえば、言うべきことをきちんと言えないとか、なかなか周囲になじめないなどといったともありますしかし、引っ込み思案ということは持って生まれたその子供の性格ということが大きいのですからお母さんは子供を長い目で見守ってあげてほしいのですまず、引っ込み思案の子供には、自信をつけさせてあげることが大切です。


子どもに文句を言っている
子どもに文句を言っている

母さんは怒っているのです。

教育だと思う。引っ込み思案であることを責めるのではなく、あなたもやればできるでしょうできるわよ、やってごらんなさいほら、できたじゃないなどと励ましたりなぐさめたりすることです。それもはじめから、いっぺんにその性格を直そうとするのではなく、少しずつ積み重ねていくことです。
引っ込み思案というのは、言葉を換えていい面を見れば慎重ということにもなります。浩宮様は引っ込み思案というほどではありませんでしたが、とても慎重な性格でした。ですから、何でもすぐに飛びつくといったことはありませんでした。たとえば、幼稚園時代には他の子供みんながジャングルジムで遊んでいると、最初の間は見ているだけで、ご自分はすぐには仲間に入らないのです。そして、二、三日観察を続けて、これならば自分もできそうだと思うと、ジャングルジムで遊ぶのです。
浩宮様の場合には、このようによく言えば慎重なのですが、半面、何事も遅いということがありましたとえば靴をはかれるのも遅いし、お食事も遅いのです。
教育というものが真子どもが友達とケンカをしたとき明ところが、集団生活となったら、給食は決められた時間内に済ませなければなりません。浩宮様のようにゆっくりでは、集団生活についていけるのかと、両殿下はとても心配なさいました。
ですから、みんなのスピードについていけるように、靴を履く練習を繰り返しさせたりしていらっしゃいました。普通ならば、見ているといらいらして、手を出したり、口を挟んだりしたくなるのですが、妃殿下は我慢強く練習させていらっしゃいました。
また食事については、毎日お食事のときに「徳ちゃん、もう少し早くなさい。そうしなければ、私たちは二階に行ってしまいますよ」とおっしゃりながら、少しずつ早くできるように、練習させていらっしゃいました。
もちろん、持って生まれた性格もありますから、いくら練習したからといって、それほど早くなるわけではありませんが、集団生活についていけるくらいには努力する必要があったのです。

中学校を待望する

そのために、両殿下はとても根気よく時間をかけて、見守っていらっしゃいました。
このように、その子供の持って生まれた性格は、決して無理せずに、それでは困るというのであれば親は長い目で見守りながら、少しずつ直してあげることです。また、引っ込み思案といっても、逆に見れば、慎重で何事もゆっくりだけれども一度理解すれば、とても深く理解し、自分のものにするといったこともあります。ですから、お母さんは子供の性格、特徴をきちんととらえて、その性格の短所だけを見ずに長所を伸ばしてあげてほしいのです
人の心がわかる人間に自分がされていやなことは人にしないお話ししてきたように、当時の皇太子殿下と妃殿下には、浩宮様を人として立派な人に、人として恥ずかしくない人間にという基本の教育方針がありました。
教育も素晴らしい。


経験があるというこういう話を聞く
経験があるというこういう話を聞く

高校に通っていました。

その背景には皇室の人間としては、国民の模範になるような人間でなければならないということも当然あったでしょう。そして、具体的には明治天皇はじめ歴代の天皇を模範像として考えられていたと思いますそれでは、現代、私たちが立派な人というときに、うか。その手本となるような人物像があるのでしょうか。
具体的にどのような人を考えているのでしょ私の時代には、学校に修身の時間があって、いろいろな偉人について教えられてきましたし、また偉人の伝記をたくさん読んできました。

個性の差によっていろなににしても親にしてみれば

いじめたりしないわね

母をたずねて三千里

教育というのが、どうして難しいのかというと、言った者が実践していなければ、言われたほうもいくら聞いても、決して相手の言うことなどきかないのです。子供は親の背中を見ながら育つという言葉には、そういう意味がこめられているのです。
つまり、子供は親の生き様を見ながら育っていくのです。お母さんが子供に礼儀正しくしなさい
と言ったら、お母さんがいつも礼儀正しく振る舞っていなければ、子供はそんなことを言われても、決して守りませんですから、お父さんもお母さんも、子供と一緒に育っていくということなのです。

育児雑誌のファッションページに刺激

きちんとした子供に育ってほしいと思ったら、まずお父さん、お母さんのほうが自分をきちんとしなければならないのです教えることは教わることだという言葉がありますが、教える側は確かに教えてはいるのですが、自分もその通りにしなくてはいけないということで、教わり成長していくのです。
人間には完ぺきということはありません。お父さんはお父さんなりに、自分が短気であったら、その短気で怒りっぽい性格と闘っている、お母さんはお母さんで自分の欠点を直すために闘う。そして、子供と一緒に昨日よりは今日のほうが成長していく、このように親子が一緒になって成長していくのが教育のあり方なのですですから、親は子供に与え、尽くすものですが、そうであっても、相手のために痛みを感じてまで愛する、与え尽くすということは難しいものなのです。

 

子どもの心を決してとらえてはいない。

子供らしい発想と情感を大切にする大学を出てもいまは教員免許さえ取

そこでも無意識のうちに、自分の身勝手さが入り込んでしまいますしかし、人間である以上は、ある程度は仕方がないことなのです。そうであるならば、自分のそういう点に気がついて、少しでもそのことを改めていくことによって、成長していくものです。
神様から与えられた使命古い話ですが、第二次世界大戦中の日本の連合艦隊司令長官の山本五土ハという偉い人が、部下を教えるには、四つの要領が必要だといっています。まず第一に、教えること。次に自分がやってみせる第三に部下にやらせてみる。そして最後に部下ができたらほめる、ということです。
自分が真っ先にやってみせるというのは、率先垂範ということですが、さらにできたらほめるということです。会社でもそうだと思いますが、ただ命令ばかりしていて自分で何もしないような上司には部下が誰もついていかないでしょう。

育てるには時間も手間もかかります。やはり、まず自分がやってみせることが大切です。
子供の教育も同じだと思います。お父さん、お母さんがやってみせて見本を見せなくては、子供もっいてきません。お母さんがテレビばかり見ているのに、子供にはテレビばかり見ていないで、勉強しなさいと言っても、子供は納得しません。
そんな親の姿を見ていたら、子供は「大人はテレビが見られていいな。
いでテレビを見ていられるようになるのか」と思ってしまうでしょう。
早く大人になれば、勉強しなむしろ逆に、子供が
大人は大変だなと思うような親の姿を見せてほしいものです。
どうも親には、子供は自分のものといった思い込みがあって、ある程度自分の思う通りにできると錯覚しやすいのです。
母はとっさに間に飛び込んで私をかばい鉄ビン
母はとっさに間に飛び込んで私をかばい鉄ビン

しつけるのは簡単です

育てようとする思いが強くだから、自分がテレビを見ていても、子供に対しては勉強しなさいなどと、気軽に言ってしまうのです。
子供は天からの授かりものといいますが、私は、子供は授かりものであると同時に
預かりもであると思います。
天あるいは、神様から夫婦に授けていただいたと同時に預けられたのだとお預かりしているものは、いつかはお返ししなければなりません。だから、自分の子供であって、自分の子供ではないのです。授かって、預かっているという気持ちがないと、どうしても子供は親の思い通りにできるものだと、思い込みやすいのです。

子供の想像力や創造力のほどがわ

子供は親とは違う別の一つの魂を持って生まれてくるのです親の役割というのは、子供がその魂の道というか、自分の使命、ライフワークといってもいいのですが、それを見つけられるように手助けすることなのです。
のが、教育の本来のあり方なのではないでしょうかそのために、その子供の魂、個性を引き出すその子供の使命は、親が期待したような道ではないかもしれません。
ること、あるいは弁護士、医者になることを望んだかもしれませんが、かもしれません親はエリートサラリーマンにな子供はまったく違った道を歩むしかし、本当に子供にとっていい道、使命を全うする道とはどういう方向なのか、子供と一緒に考えてあげるのが親の役割なのです。学校今日も遅刻じゃんかよう


大学を出てもいまは教員免許さえ取 子育てのブレない軸 育てたら知能の発達した人間