高校生同士が話しているのを聞いている

子どもは必ずできるようになります。

子どもは同じようにはできません。
子どものいろんな問題のあらわれに対して

きないということは、それほど人間形成に関係ないと思います。
のではまったくありません。
ましてや、逆に、学校時代に優等生だった人が、ぅといったケースもよくあります。
社会に出てから、人間関係がうまくいかずに落ちこぼれてしま子供に勉強、勉強と押し付けずに、お母さんはもう少し長期的な視野で子供を見守ってほしいものです。今勉強ができることも大事かもしれないけれど、それ以上に社会に出てから、あるいは家庭に入ってから、必要な知識とか技術、人間関係といったことを、子供が小さいときから教えておくほうが大切だと思います。算数ができたからといって人格とは関係ありません。まして人生において、どのような意味があるのでしょうか。

子どもとして普通

5学歴よりも大切な教育がありますそうはいっても、現代では、偏差値教育が盛んで、中学校に入ると成績順でどこの高校ならば進めるといったように指導され、進学できる高校によってさらにどこの大学に進めるのかといったことも決
まってしまうようです成績がいい子供が入る高校、その次に成績のいい子供が入る学校というように成績順に高校のランクが決まっていて、そのために、いい学校に入れるためには、親のほうも、子供が小さいときから塾に入れたりして、子供を勉強、勉強と駆り立てなくてはならないといった仕組みになっているのです。

子どもの親の例をあげてみましょう。

今のお父さん、お母さんも、そういう状態がいいとは思ってはいないでしょう。しかし、自分の子供だけ塾に行かせないというわけにもいかないのでしょう。子供が落ちこぼれないようにするためにはみんなと同じように塾にもやらなくてはいけないということになるのです。必要悪といえるのでしょう。
お父さん、お母さんも、これでいいのだろうかと悩みながら、この競争社会の中で、塾なら塾に行かせないと、自分の子供が不幸になってしまうから仕方なくやっているのでしょう。そういう意味では今の子供たちはかわいそうです。母性的愛情系

子どもがイライラをぶつけてきた途端なぜ

なぜこんなふうになってしまったのかと考えてみると、高校への進学率がほとんど100パーセント近くなって、もはや義務教育化してきた、さらに高校を卒業して、その上の大学や各種学校に進学する率も高くなってきたということが大きな原因なのでしょう。
今は、高校くらい卒業していなくてはといったことが常識のようです。そのため、高校まで義務教育にしてしまえば、今のような受験戦争が少しは緩和されるのではないかといった考えもあるかもしれませんしかし、なぜみんながみんな高校、大学まで卒業しなくてはいけないのでしょうか。社会に出ても必要な学問や知識というのは、現在の義務教育の小学校、中学校の九年間で身につけることはできると思学校を出てから、いろいろな職業につくことになりますが、たとえばコックさんや大工さんのような職人としての長い修業が必要な仕事などは、若いときから修業をはじめたほうが、仕事が身につくのではないでしょうか。

子供を何とか読書好きにしよう
成長をもたらすのだ。

母さんはお父さんを立ててほしいのです。

指導の現場などにおいてコックさんになりたい子供が、高校まで進学して嫌いな勉強をする必要があるのでしょうか職業に貴賤はありません。学歴が高いから偉いわけでもありません。その仕事につくために、大学を出る必要があるのならば大学に進学すればいいし、その必要がないのならば、無理に進学することはないのではないでしょうか。
ところが、何をやるにしても、とにかく高校まではとか、一応大学は出ておかなくてはという気持ちが、親の側に強いのです。しかも、子供を何とかして、一流企業とか官庁とかに就職させたいといういわゆるエリート志向が強いのです。

子どもは必ずそれに応え

その気持ちの裏には、どこかで職業を差別しているのではないでしょうか今の教育のあり方は、勉強ができるかできないかということだけで子供の能力を判断しているのです。
そのため、勉強ができなければ、子供は幼いときから、劣等感にさいなまれることになります。その子には、いろいろないい面があるにもかかわらず、そういう面がまったく評価されないのです。
今の教育は、勉強だけを教えていて、私たちはいったい何のために生きているのかといった人生の意味をまったく教えていません。学校ではもちろんのこと、家庭の中で親も教えていないのです自分たちが教えてもらってこなかっただけに、今の親の世代の人は、子供にもそういうことを教えられないのです。
本来であれば、人生とは何なのか善悪のけじめ何のために勉強するのかといったことは、家庭でお父さん、お母さんが子供に教えなくてはならないことです。


母性的愛情系 母性的愛情系 母親の言葉を思い出しあ